群馬県 あさひ整体院
お客様の声 あさひ整体院院長ご挨拶整体院ご紹介アクセスマップ
こんな悩みによくあるご質問施術の流れ予約・料金システムマンガで見るカイロ姿勢チェック運動アドバイス整体院の選び方先生の推薦サイトマップトップへ戻る 自律神経の不調の原因とアドバイスのページ

あさひ整体院 自律神経の不調の原因とアドバイス

自律神経の不調

主な原因

なんとなく体がだるい、すぐに疲れる、朝起きても疲れがとれない、頭が重い、胃が重い、頭痛、耳鳴り、口の渇き、めまい、立ちくらみ、のぼせ、不眠、イライラする。このようなはっきりしない体の不調(不定愁訴)は自律神経の不調(アンバランス)が考えられます。自律神経は体温、血圧や心臓・血管・胃腸等、体の各器官を自分の意思とは関係なくコントロールしている神経で、交感神経と副交感神経があります。交感神経は主に朝起きてから活性化し、夜まで副交感神経より優位な状態になり、心臓の働きを促進し体を緊張させ活動的にする働きがあります。副交感神経は主に夜から活性化し、朝起きるまで交感神経より優位な状態になり、内臓の働きを促進し体をリラックスさせ安静にする働きをしています。このように自律神経は一日の中で、一方の神経が優位になって働くことで二つの神経のバランスがとられ、体を良い状態に保っているのです。

【自律神経】 自律神経を構成している、交感神経と副交感神経がバランスをとって体の各器官をコントロールしています。

自律神経の不調

しかし、仕事や家事・育児等の過度のストレスや不規則な生活習慣、生活環境の変化、ホルモンバランスの乱れ等によって、交感神経優位の状態が長く続くと、常に体が緊張状態になり、夜眠る時になっても副交感神経が優位にならず、交感神経が過度に緊張した状態になります。このように自律神経のバランスが崩れ、体のコントロールがうまく働かなくなってくると、様々な体の不調が起きやすくなります。通常、疲労は睡眠によって回復していきますが、常に体が緊張し不眠状態になると、疲労が溜まりやすくなります。睡眠中も交感神経が過度に優位な状態のため、寝ていても筋肉の緊張が続き、朝起きても疲れがとれないことが多くなり、疲労が蓄積し様々な体の不調が慢性的になってくるのです。

ただし、病気が疑われる方は、専門医療機関の受診をおすすめします。 

検査の結果、病気でなければ自律神経の不調(アンバランス)が考えられます。

自律神経の不調

アドバイス

交感神経が過度に緊張したままの自律神経の不調(アンバランス)の場合、副交感神経の働きを促す必要があります。

それには過度にストレスを溜めない、適度な運動やゆっくりとした深呼吸をしリラックスできる時間を作り、規則正しい生活習慣を心がけることが大切です。

しかし、分かってはいても、すぐに生活習慣を変えられない方や体の不調が慢性的な方は「ストレス→交感神経が過度に優位な状態→不眠→疲労の蓄積→ストレス」という悪循環にもう入っているのかもしれません。一度この悪循環に入ってしまうと、自分ではなかなか回復できません。

あさひ整体院のカイロプラクティック&トリガーポイントの施術で、硬くなってしまった筋肉と関節を調整し、全身の血流を改善することによって、筋肉中の疲労物質や老廃物を早く回収させリラックスできる体に整え、副交感神経の働きを促していきます。そして、悪循環を断ち自律神経のバランスを回復させ、睡眠によって疲労を回復できる体に整えていきます。定期的に施術を受けることによって、様々な不調が起きにくい体に体質を改善していきます。

今後、また自律神経の不調にならないように、あなたも生活習慣を改め適度な運動やゆっくりとした深呼吸も心がけましょう。

自律神経の不調・お体の不調などでお悩みの方はご相談ください。

いかがでしたか。

あさひ整体院では電話相談は無料です。あなたのお体の悩みや疑問等、何でもお気軽にご相談ください。あなたの悩みを院長が親身になってお聴きし、解決のお手伝いをさせて頂きます。

ご予約・お問い合わせは・・・ 027-327-1474

【悩みの原因とアドバイス】 あなたのお悩みの症状のご参考にどうぞ。

あさひ整体院には自律神経の不調など、お体の不調でお悩みの方が多数ご来院されています。
お客様の声(自律神経の不調・不眠・疲労感)もどうぞ。

群馬県高崎市のカイロプラクティック&トリガーポイント専門院 あさひ整体院

Copyright (C) あさひ整体院 All Rights Reserved.